外壁塗装のすすめ

一般的に外壁に使用されている、モルタル壁による木造建築物の寿命は、地域差は若干あるものの、おおよそ10年と理解してリフォームプランをたてておくべきです。
北に向かうほど時間の長さは早まります。
具体的に言うと築6~7年たった頃から外壁にしみや割れ目が目につき始めますが、まだ目をこらしてみなければ気づかない程度です。
8年、9年、10年と月日が過ぎるにつれ、傷やしみは少しずつ目立ってきます。

10年過ぎると遠目からも目につくようになります。
15年ほど過ぎてくると軒下は完全に黒ずんできて、傷も四方にひろがってきます。
このころから内壁にも不具合が生じ始めます。
20年以上過ぎると、家はリフォームレベルを超えて建て替えを検討しなければならないほど、傷みが深刻化していきます。
こうした流れは壁も呼吸しているからこそ起きる現象なのです。
外壁に使用されるモルタルの構造は、外気温からの影響を受けやすく高温だと膨張し低温だと伸縮します。
これを長い時間をかけて繰り返すうちに少しずつモルタルは硬化していき、割れ始めるのです。
壁にできる黒ずみはカビです。
このカビが外壁を浸食してゆき、小さな傷口から入り下地に達すると、下地板を腐敗させていきます。

ですから家を長く維持させるためにも、外壁塗装は最低限10年おきにしていくのが最も経済的かつ合理的なのです。
近年、より長期保存が可能な外壁素材も多数開発されてはきていますが、コストがかかる上に基本はやはり木造ですから外壁塗装は必要です。
外壁塗装を検討中の人必見の説明をしていきます。



[PICK UP]
外壁塗装の相場や費用、塗料の種類なども解説しているリフォーム業者のサイトです ・・・ 外壁 リフォーム